仲介手数料って?

仲介手数料とは、不動産会社(宅地建物取引業者〈宅建業者〉)を通して不動産を売ったり買ったり、あるいは貸したり借りたりする場合に、不動産会社に成功報酬として支払うお金のことです。媒介手数料(媒介報酬)とも言います。
あくまで成功報酬として支払うもので、売買や貸借の依頼をしても取引が成立しなければ支払う必要はありません。
また、不動産の取引契約が有効に成立しなければ媒介が成立したと言えないので、契約が無効・取消しとなったときも、宅建業者は報酬を請求することはできません。
このように、宅建業法(宅地建物取引業法)では、成功報酬主義が取られています。

仲介手数料の仕組み

不動産仲介業は、仲介手数料を収入源に成り立っています。その仲介手数料は、買主と売主からそれぞれいただくのが不動産仲介手数料の仕組みです。

仲介手数料の上限額(売買)

不動産会社に支払う仲介手数料は以下の通り、売買代金の金額区分ごとに上限が定められています。

依頼者の一方から受領できる報酬額

取引額 報酬額(税抜き)
取引額200万円以下の金額 取引額の5%以内
取引額200万円を超え400万円以下の金額 取引額の4%以内
取引額400万円を超える金額 取引額の3%以内

※仲介手数料は消費税の課税対象なので、別途消費税がかかります。
なお、400万円を超える物件につきましては、以下の式で、仲介手数料の上限を速算することができます。
→売買価格×3%+6万円+消費税

仲介手数料の上限額(賃貸)


詳しくはこちらをご覧ください。 ⇒ 宅地建物取引業法

弊社のホームページに載っていない物件でもOKです!

ホームページ未掲載物件でも不動産検索サイト「スーモ、ホームズ、アットホーム、ヤフー不動産、アドパーク」他にも他社のホームページに掲載してある物件でも一度弊社にお問い合わせください。価格交渉も最大限にお手伝いしておりますのでご安心ください。