STEP1 売却の動機・希望、売却時の諸費用

売却を始めるにあたって

①売却の動機・希望条件について
お住まいを売却する場合、売却の動機・理由を考慮し、ご希望の価格・条件や引渡しの時期を事前検討することが必要です。それにより、明確な売却プランを立てることができますのでより具体的な販売活動が効果的に行えます。また、お買い換えの場合は、新居の購入時期なども考慮し無理のないスケジュールを立てておくことが理想です。

②売却時の諸費用について
不動産を売却する際には、各諸費用が発生します。
A:不動産売買契約書に貼付する収入印紙
1,000万円超~5,000万円以下…1.5万円
5,000万円超~1億円以下…4.5万円
1億円超~5億円以下…8万円
B:仲介手数料 ⇒ (契約価格の3%+6万円)×(消費税)
C:登記手続がある場合 ⇒ 抵当権等の抹消費用
D:売却によって発生する譲渡益がある場合、利益に対して所得税、住民税がかかります。
E:引越費用、ハウスクリーニング費用など
※詳しくは担当までお問い合わせください。

STEP2 調査・査定のご依頼

調査・査定

査定・審査のご依頼 査定は机上で行うこともできますが、より正確な売却価格のご提案のためにあらゆる面から調査し、検討の上で決定されることをお勧めします。

調査内容について

1.権利関係や法令上に気になる点がないか法務局、役所で調べます。
2.建物・土地の現況を確認し、物件の特性を調べます。
3.近隣の売出物件の販売状況と成約事例の価格を調査します。
4.物件環境や周辺の開発予定など、近隣の調査を行います。
5.マンションの場合は、管理規約や使用細則、修繕計画なども調査します。

無料査定

ななくさ不動産(以下「当社」)では無料で不動産の査定を致します。調査を踏まえて市場の状況や周辺物件との比較をし、ご希望の売却時期に合わせて、最適な販売価格、販売方法をご提案いたします。まだ売却について具体的でない方も「今の資産価値」を把握するために、ぜひこの機会にお気軽にご相談ください。

STEP3 諸条件の決定、媒介契約の締結、設備表等のご用意

売却条件の決定

①諸条件の決定
売却情報を公開する為に、売出価格の決定、引き渡しの時期、その他(ご希望がある場合)を当社からの提案をご参考にしてご決断ください。
その他、ご希望に関する一例

  • 特に急いで売却する理由はないので、希望価格から売却活動を始めてほしい。
  • 残代金を受け取ってから引越をする予定なので引渡しに猶予期間をつけてほしい。
  • 近所に知られたくないのでこっそり売却したい。

②媒介契約の締結
不動産の売却を正式にご依頼いただく際には国土交通省が定める媒介契約を、当社と売主様の間で締結していただきます。尚、媒介契約には3種類あり、ご契約に先立ちご説明いたします。

専属専任媒介契約

不動産会社は

  • 契約締結の翌日から、5日間以内に指定流通機構への登録を行わなければいけません。
  • 売主様に対して1週間に1回以上の報告を行わなければいけません。

お客様は

  • 売却を依頼できるのは1社のみとなります。
  • 必ず依頼した会社を通して売買契約を締結しなければなりません。

専任媒介契約

不動産会社は

  • 契約締結の翌日から、7日間以内に指定流通機構への登録を行わなければいけません。
  • 売主様に対して2週間に1回以上の報告を行わなければいけません。

お客様は

  • 売却を依頼できるのは1社のみとなります。
  • お客様ご自身が買主様を見つけた場合のみ、直接契約を結ぶことができます。それ以外は必ず依頼した会社を通して、売買契約を締結しなければいけません。

一般媒介契約

不動産会社は

  • 指定流通機構への登録を行う義務がありません。
  • お客様に対して報告を行う義務がありません。

お客様は

  • 複数の不動産業者に売却を依頼することができます。
  • お客様ご自身が買主様を見つけた場合のみ、直接契約を結ぶことができます。それ以外は必ず依頼した会社を通して、売買契約を締結しなければいけません。

③設備表、物件状況確認書の作成
不動産の取引において、設備表や物件状況確認書は売買契約上、非常に重要な意味を持ち、不動産取引の透明性や取引の安全性のために購入検討のお客様に参考情報として提供させていただきます。

STEP4 当社の集客活動について

販売活動の実施

ご希望の価格や条件で早期売却するために、情報は広く深く浸透させることが肝要です。当社では販売活動を大きく6つに分類される方法と手段で結果を追求します。
①登録顧客へのご紹介
当社にご登録いただいているお客様に積極的にご紹介いたします。
②インターネットを利用した広い集客
Yahoo不動産athome等の不動産ポータルサイトに情報を公開し、広い商圏で購入者を探します。
③チラシへの掲載。
新聞折り込みチラシやポストへの投函チラシに情報を掲載し、地元への周知を徹底します。
④業者間での情報交換
指定流通機構(レインズ)に物件情報を登録し、広い会社間のネットワークで購入希望者を探します。
⑤店頭公開
店頭の看板に物件情報を掲載し、周辺にお勤めの方に情報を提供します。
⑥現地内覧会開催
オープンハウスや予約制内覧会といった現地販売を開催し、積極的な販売活動を行います。

STEP5 売買契約の流れ

不動産売買契約

不動産購入希望者が現れた場合、その意思表示を書面で頂きます。当社では売主様の利益を第一に考え、結果を追求する為に、全力で交渉に取り組みます。
売主様・買主様と、お互いの条件がまとまりましたらご契約となります。担当の宅地建物取引士が売買契約の締結にあたり、重要事項の説明を致します。重要事項の内容を十分にご理解いただいたうえで、不動産売買契約書に、それぞれ署名・捺印いただき手付金を授受してご契約の締結となります。
売買契約が成立しますと、売主様には権利の移転、引渡しなどの義務が生じ、買主様には売買代金の支払い義務が生じます。これらの義務を怠って契約が解除になると手付金の放棄や達約金の支払いが必要になる場合がありますので、契約書に記載してある明確な取り決めを、十分納得、理解の上、契約をすることが、大切です。

STEP6 決済・引渡の注意、各負担金の精算

残代金の授受・引渡し

売買契約を締結した後、残代金決済日、引渡し日までに引渡しの準備が必要です。準備を怠った為に、引渡しができない場合は、契約違反、損害賠償に発展する恐れがありますので、万全の状態で臨めるようご準備ください。

  • 借入金の返済、抵当権の抹消手続き
  • 権利証、又は登記識別情報の事前確認
  • 印鑑証明書記載事項の事前確認
  • 諸手続きに必要な書類の準備
  • 引渡しの準備、引越など

物件の引渡しの際には、残代金の支払いと合わせて管理費、修繕積立金や固定資産税、都市計画税なども引渡し日をもって日割り計算した金額を清算します。同時に鍵の引渡しとなりますが、買主様に引き継ぐべき書類(パンフレット・各設備の保証書・取扱説明書など)もご準備ください。最後に仲介手数料などの諸費用をお支払いいただきます。尚、登記手続きは司法書士が行います。