STEP1 情報収集&購入計画

不動産の購入を進めるために、まずは現在のお住まいで改善したい所や、住みたい家の理想、住み替えの動機など、希望の条件を整理しましょう。また、同時に希望エリアの不動産情報や特徴など、情報を集めましょう。

POINT
ご希望の条件を整理しておくとスムーズにお部屋探しが進められます。

  • 入学や転勤などによる引越時期の希望
  • 生活スタイルに合わせたマンションや一戸建ての希望
  • お部屋の広さや間取りの希望
  • 学校やスーパーなどの生活に直結する周辺環境の希望
  • 希望の沿線、最寄り駅の利便性
  • 購入予算、毎月の支払い可能額の目安

情報収集

失敗しない理想の住み替えの為には、まず情報を集めることが大事です。情報収集の手段は、新聞の広告や折り込みチラシ、住宅情報誌などいろいろありますが、いつでも好きな時間に物件探しができるインターネットが便利です。

STEP2 購入相談

お部屋探しのイメージができてきたら不動産会社に相談してみましょう。お客様のご希望に合わせた、最良の住み替え方法や最適な情報を提案してもらえます。

POINT
良い会社と良い営業スタッフを選ぶことは失敗しない不動産の購入を実現する上で、非常に重要です。営業スタッフと話をする機会があれば、いろいろ質問してみることが大事です。

STEP3 資金計画について

不動産の購入には、物件価格以外にも様々な諸費用がかかります。また、住宅ローンを利用する際は、ローンの知識を深め、ゆとりをもった返済計画を立てましょう。

POINT
購入に合わせて自己資金を調達・整理しておきましょう。住宅ローンをご利用の場合、借入金額は年収、ご年齢、その他属性など多角的に審査して借入可能額が決定します。また、ボーナス払いの併用、金利プランの選択、借入期間を短くするなど、細かい条件を設定することにより、ご自身の返済計画にあったプランを立てましょう。尚、マンションの場合は月々の支払いに、管理費・修繕積立金などの支払いも考慮する必要があります。合わせて、固定資産税・都市計画税などの支払いも予定しておきましょう。

STEP4 物件の見学

エリアや予算の目安が決まったら、実際に希望に近い物件の見学に行きましょう。まず、ご自身の目で物件を見ることが一番です。

見学について

  • 不動産会社に連絡して、見学日の予約をします。
  • 見学は当日でも可能な場合もありますが、お部屋によっては、事前に予約を必要とする事もあります。

STEP5 不動産売買契約

気に入った物件が見つかったら、仲介業者を通して、売主様に購入したい意思を伝えます。具体的には購入申込書に署名・捺印をいただき、売主様に提示します。それから、細かい条件について調整を行い売買契約に進みます。ご契約に先立ち、物件についての重要事項説明がございます。内容について十分に理解され、わからない点はその都度質問して、不安を残さないようにしましょう。

重要事項説明

契約を締結する前に、宅地建物取引主任者から宅地建物取引士証を提示の上、対象不動産の取引条件、登記簿に記載されている権利の内容、法令上の制限、設備の状況、契約の解除に関する事項などの説明があります。内容は多岐にわたり、時間もかかります。納得のいくまでお尋ねください。

不動産売買契約締結

売買契約書には売買代金、売買対象面積、引渡し時期等が明記され、売主様、買主様の合意内容が盛り込まれております。また、契約時に物件の状態を説明する「設備表」「物件状況等報告書」があります。売買物件に付帯する設備や、物件の状態を売主様から明確にしてもらいます。これらを納得の上で契約を締結し、同時に手付金を支払います。

売買契約時に必要なもの

① 手付金(契約金額の5~10%が目安です)
② 契約者のご実印
③ 印紙代(契約書に貼付します)
④ 本人確認証(運転免許証・パスポート等)

STEP6 ローン申し込み

住宅ローンを利用される方は、売買契約締結後、すみやかにローンの申し込み手続きを進めていただきます。お客様の返済計画によってプランもかわってきますので担当スタッフまでご相談ください。

ローンの審査

ローンの審査は事前審査と本審査と2回あるのが一般的です。事前審査は源泉徴収票や本人確認証など書類が整っていれば2~3日で結果が出ますので、購入が具体的になってきたときに審査の用意も同時に進めておくと流れがスムーズになります。不動産売買契約締結後に本審査になります。本審査は住民票や印鑑証明書、納税証明書などが必要になります。

金銭消費貸借契約

本審査の承認がおりましたら、金融機関と金銭消費貸借契約(ローンの契約)を結んでいただきます。その時に借り入れ条件の詳細を決定します。

STEP7 残金決済と引渡し

ここまでくれば、いよいよ残代金の支払いと物件の引渡しとなります。

決済の準備

残代金決済時には、売買代金から手付金を差し引いた残金と、登記費用や仲介手数料等の諸費用を準備しておきます。また、住民票などの書類も必要になりますので、しっかり準備しておきましょう。

引渡し前の現況確認

契約時に取り交わした「設備表」「物件状況等報告書」に従って現況確認を行います。

残代金の支払いと登記手続き

買主様が住宅ローンを利用されると、その金融機関で決済を行います。
売主様へ残代金を支払い、同時に買主様に不動産を引渡します。
鍵はこの時に買主様にお渡しします。
買主様の名義に変更する登記手続きは決済に同席する、司法書士に委任して手続きを完了します。

残代金決済時に必要なもの(一般的な例)

①残代金(融資利用の場合、当日に融資実行になります)
②ご実印
③住民票
④本人確認証(運転免許証、パスポート等)
⑤固定資産税、都市計画税の清算金(引渡し日を持って日割り計算します)
⑥マンションの場合:管理費、修繕積立金等の清算(引渡し日を持って日割り計算します)
⑦火災保険料
⑧登記費用
⑨仲介手数料

STEP8 引渡し、入居

決済が終われば、待望のご入居です。引越し前後は届け出や手続きが多くあります。しっかりチェックして漏れがないよう注意しましょう。また、購入物件にリフォーム等の工事をお考えであれば、見積もりを取るなどして、具体的に進めましょう。業者の紹介もしております。担当スタッフにご相談ください。